メニュー
前畑温子の見た世界
テープ

筑前町立大刀洗平和記念館へ行ってきました!

今回は筑前町立大刀洗平和記念館へ行ってきました。

ここは甘木鉄道の大刀洗駅から歩いてすぐのところにあります。
この地域には大正8年〜昭和20年まで東洋一といわれた旧日本軍の大刀洗飛行場がありました。
とても大きな飛行場で、航空拠点だけではなく、教育も行っていたという。
今でもその名残は町中に残されていて見学することができます。

記念館では大刀洗飛行場や戦争、この地域が歩んできた歴史を知ることができます。
中に入ると記念館の方がガイドをしてくださるのでオススメです。
歴史が書かれたパネルや写真、兵士たちが家族へ宛てた遺書など、
様々な展示物があります。
また、語り部屋・シアター映像などもあり、動画が上映されています。
どれもとても貴重なもので当時の様子を知ることができます。

その中でもひときわ目を引くのが世界で唯一現存する零戦三二型。
横には階段がついており、中の操縦席を見ることができる他、二階からは真上から零戦全体を見ることができます。

IMG_1152600
※館内は零戦のみ撮影可能となっています。

さらに隣の部屋には博多湾で引き上げられた九七式戦闘機が展示されています。
(ちなみに近くにあるレトロステーションの館長さんもこの引き上げ等に関わられているそうで、当時の写真を見せていただきました。)

IMG_1166600

※こちらは撮影禁止なのですが今回は特別に許可を頂き撮影させていただきました。
大刀洗平和記念館ではここにしかないものがたくさん展示されています。

私自身、戦争については教科書で習ったり中学時代、長崎に行ったりした程度だったのですが、今回展示物を見たりガイドの方のお話を聞いて
まだまだ知らないことだらけだと痛感しました。
今回は戦争について考えるいいきっかけとなりました。

皆様も是非、一度足を運んでいただければと思います。

現在、記念館では「特攻」をテーマとした2号館の建設を行っています。
平成29年3月完成に向けて寄付も募集されています。

 

<筑前町立大刀洗平和記念館>

住所:福岡県朝倉郡筑前町高田256−1
開館時間:9時〜17時(入館は16時半まで)
休館日:年末年始(12月29日〜1月3日)
入館料:大人(大学生以上)500円
高校生400円
小学生・中学生300円
※15名以上は団体割引あり
駐車場:あり
筑前町立大刀洗平和記念館HP