メニュー
前畑温子の見た世界

テープ
前畑温子

前畑温子

写真家・産業遺産探検家。
雑貨屋さんで偶然手にしたトイカメラをきっかけに写真の世界に足を踏み入れ、近年はカメラと一緒に日本中の産業遺産を制覇するべく旅を重ねている。 デジタルフォトコンテストDPC2や池島フォトコンテストに入選。2014年にはキヤノンギャラリーにて写真展を開催。著書に「女子的産業遺産探検」(創元社)がある。

前畑温子ホームページ
テープ

コロコロかわいいくろころみかん!

黒い食べ物を食べるべく、向かった先は大牟田市にある「お菓子のキタハラ」
なんとここには黒いお菓子があるとのこと!
さっそくお店に入り、ショーケースを見ると発見!!!
「くろころみかん」と書かれた黒いまんまるのお菓子☆
「一体、どんなお菓子なんやろ?」と思い、聞いてみると
まわりの黒い部分は竹炭入りのお餅で、中にはみかん味の白餡!
さらに黒いお餅の中にどんと一個入っているみかんは上内みかんと言う大牟田で作られたみかん。

食べようと思い、持ってみると、、、

「冷たい!」
食べてみると、なんと中のみかんが半冷凍なのです!
シャリシャリしていてめちゃくちゃ美味しい!
くせになりそうな味♪
ペロッと一個食べてしまいました!
これはリピート間違い無し!
みなさん、福岡にお越しの際は是非「くろころみかん」を食べてくださいね〜!
 IMG_9437
テープ

12月6日のバスツアー!

12月6日は北九州・筑豊コースで日本近代化の足跡をたどろう!ということでブラックエクスプレスバスツアーを開催します!!

<ツアー詳細>

日本に近代化をもたらした製鐵所を有する北九州と、その製鐵所を支え炭田として栄えた筑豊をめぐります。

かつて宝珠山炭鉱があり、日本の原風景ともいえる景観を残す東峰村を訪れるのも、このツアーの見どころ。

大正13年創業の漆喰専門メーカー、田川産業の“純白の工場”は一見の価値あり。

昼食をいただく料亭「あをぎり」は、初代田川市長・林田春次郎氏が客人をもてなした迎賓館であり、歴史情緒のある建物となっています。

そして、このツアーの最後には志免炭鉱へ行きます!

ここは私も大好きな産業遺産!

みなさま、是非一緒に探検しましょう!

020志免1

ブラックエクスプレスバスツアーの詳細はこちら!

ツアー詳細

テープ

ブラックエクスプレス探検ツアーの見どころ!

12月5日は大牟田・筑後コースで現代に息づく文化遺産に触れよう!ということでバスツアーを開催!

<ツアー詳細>

日本一の出炭量を誇り「炭都」と称された大牟田をメインに、三池炭鉱関連の施設が多く残る筑後地方を旅します。閉山当時の状態のまま保存された鋼鉄製やぐらがある三池炭鉱宮原坑や、現在も稼働を続ける日本で唯一の閘門式水門がある三池港など、当時の最先端の技術を体感できるスポットにご案内。

昼食は大牟田人のソウルフード、手作り感あふれる巨大お好み焼き「高専ダゴ」をみんなで楽しもう!

ツアーでは三井三池炭鉱宮原坑の巻上機も見ることができます!!

IMG_3640

ツアーの詳細はこちら!

「ブラックエケクスプレス探検ツアー」

テープ

東峰村ってどんな村?

今日は12月のツアーで行く東峰村をご紹介!

東峰村は2005年に小石原村と宝珠山村が合併した村。
宝珠山村にはかつて炭鉱があり昭和38年まで創業していたという
現在もその名残である「いぶき館」や「坑口」が残されている。
他にも筑前岩屋駅~大行司駅間にある金剛野、奈良尾、松尾という三つの「めがね橋」と呼ばれる近代土木遺産の橋や日本の棚田百選に選定された棚田、 小石原焼きなど、魅力がたくさんある村でもあります。

その中でも私のお気に入りのめがね橋を撮影してきました☆

IMG_0152

青空がとても綺麗でメガネ橋日和♪

こんな素敵なメガネ橋も見ることができるツアーの詳細はこちら

ブラックエクスプレス探検ツアー

テープ

BLACK EXPRESS 探検ツアー開催!

12月5日&6日に「近代化特急、福岡県。BLACK EXPRESS 探検ツアー」を開催します!(バスツアー)

一度は行きたい!大注目の「世界文化遺産」を産業遺産探検家の前畑温子がナビゲート!

<BLACK EXPRESS 探検ツアーってどんなツアーなの?>

写真家・産業遺産探検家の前畑温子をガイドに、今年、世界文化遺産に登録された福岡県の「明治日本の産業革命遺産」とその関連スポットをめぐります。一般公開がされていない施設の見学や、産業遺産と関わりのあるグルメが楽しめるなど、このツアーでしかできない体験が満載!

歴史や現地の人との触れ合いを大切に、「女子的」「機械萌え」など様々な角度から産業遺産の魅力を前畑がナビゲート。日帰りバスツアーなので、点在する産業遺産を気軽に周遊できるのも嬉しいポイントです!

⭐︎ツアーは選べる2コース⭐︎

あなたはどっちのコースを探検する!?

①12月5日は大牟田・筑後コースで現代に息づく文化遺産に触れよう!

日本一の出炭量を誇り「炭都」と称された大牟田をメインに、三池炭鉱関連の施設が多く残る筑後地方を旅します。閉山当時の状態のまま保存された鋼鉄製やぐらがある三池炭鉱宮原坑や、現在も稼働を続ける日本で唯一の閘門式水門がある三池港など、当時の最先端の技術を体感できるスポットにご案内。昼食は大牟田人のソウルフード、手作り感あふれる巨大お好み焼き「高専ダゴ」をみんなで楽しもう!

②12月6日は北九州・筑豊コースで日本近代化の足跡をたどろう!

日本に近代化をもたらした製鐵所を有する北九州と、その製鐵所を支え炭田として栄えた筑豊をめぐります。かつて宝珠山炭鉱があり、日本の原風景ともいえる景観を残す東峰村を訪れるのも、このツアーの見どころ。大正13年創業の漆喰専門メーカー、田川産業の“純白の工場”は一見の価値あり。昼食をいただく料亭「あをぎり」は、初代田川市長・林田春次郎氏が客人をもてなした迎賓館であり、歴史情緒のある建物となっています。

今回は特別にツアー参加者には

・ブラックエクスプレス二○加(非売品)

・ブラックエクスプレス二○加煎餅(非売品)

そのほか、素敵なプレゼントがあります!

お昼ご飯も付いて、プレゼントももらえるお得なバスツアー!!

みなさま、是非一緒に探検しましょう!!

<詳細>

日程:12月5日(土)or 12月6日(日)※両日参加は不可

時間: 8時30分〜17時半頃(8時25分集合)

集合・解散場所:日本銀行 福岡支店前 日本銀行福岡支店前MAP

参加費:3,000円(昼食・保険付き)

定員数:各35名

申込み締切日;11/26(木)

35名限定のためお申込みはお早めに!

⭐︎お願い⭐︎

・バスが8時30分に出発するため、8時25分までに集合場所にお越しください。

・当日は、動きやすい服装や歩きやすい靴でご参加頂き、各自飲み物をご持参ください。

〜お申し込み方法〜

<<バスツアーのお申込み・お問合せ ★FAXまたはメールで受付>>

<JTBコンベンションサポートセンター>

■FAX:092-751-4098

■mail: info@blackexpress.jp

※お申込みの際は、【お名前、電話番号(携帯)、ご住所、ご希望日※両日参加は不可】をご記入ください。

■旅行実施:株式会社JTB九州 福岡支店(観光庁長官登録旅行業第1700号/日本旅行業協会正会員)

〒810-0072 福岡市中央区長浜1-1-35新KBCビル2階

■企画:福岡県観光推進キャンペーン事務局

<<キャンペーンに関する問い合わせ>>

<福岡県観光推進キャンペーン事務局(グランドビジョン内)>

■電話:092-718-3041 (平日 9:00~18:00/担当:長谷・秋吉・山下)

IMG_4312

写真は今回のバスツアーで行く「三川坑」です!

みんなで一緒に探検しましょう!!

テープ

BLACK EXPRESS二○加探検記〜石炭ソフトクリームとの出会いの巻〜

私の好きな食べ物は「カレーとアイスとビール」です。

特にアイスは本当に大好きで、家の冷凍庫にはいつもアイスが入っています。
今日は大牟田で黒いソフトクリームがあるとの情報を得たので
「道の駅いとだ」へ行ってきました!
早速中に入ると、「石炭ソフトクリーム」のポスターを発見!
正直、石炭ソフトクリームと聞いた時は「そこまで黒くないやろ〜!」と油断していた私。
ドキドキしながら「石炭ソフトクリームを一つください」と注文。
「めっちゃ黒〜い!!」
出てきたのはこれ以上黒くできないぐらいの真っ黒なソフトクリーム。
これぞ石炭!
一口食べると、、、
「何これ!?シャリシャリしててめっちゃ美味しい!」
気になるお味はチョコレート。
黒さの秘訣はチョコと体に優しい竹炭だそうです。
この不思議なシャリシャリ感がたまらなく美味しくて癖になりそうです。
今まで食べたソフトクリームの中でダントツに美味しい!
あっという間にペロリと完食!
思わず「おかわり!」と言ってしまいそうになるぐらい美味しかったです。
皆さんも是非、石炭ソフトクリームを食べてみてくださいね〜!
ちなみに筑豊地区限定です!!

IMG_1301

 

テープ

BLACK EXPRESS二○加急増中!in 宇部

以前、一緒に宇部の産業遺産バスツアーを開催した山口県宇部市の方とブラックエクスプレスにわかに変身〜!!

宇部も撮影でいく機会が多いのですが、面白いところがいっぱいあります!

そして、今宇部では宇部ビエンナーレという芸術祭が開催されています!

福岡で産業遺産を探検した後は、宇部でアートを見るのもおすすめです!

20151030_134919

テープ

12月は福岡の産業遺産バスツアーで決定!

12月5日&6日に「近代化特急、福岡県。BLACK EXPRESS 探検ツアー」を開催します!(バスツアー)

一度は行きたい!大注目の「世界文化遺産」を産業遺産探検家の前畑温子がナビゲート!

<BLACK EXPRESS 探検ツアーってどんなツアーなの?>

写真家・産業遺産探検家の前畑温子をガイドに、今年、世界文化遺産に登録された福岡県の「明治日本の産業革命遺産」とその関連スポットをめぐります。一般公開がされていない施設の見学や、産業遺産と関わりのあるグルメが楽しめるなど、このツアーでしかできない体験が満載!

歴史や現地の人との触れ合いを大切に、「女子的」「機械萌え」など様々な角度から産業遺産の魅力を前畑がナビゲート。日帰りバスツアーなので、点在する産業遺産を気軽に周遊できるのも嬉しいポイントです!

⭐︎ツアーは選べる2コース⭐︎

あなたはどっちのコースを探検する!?

①12月5日は大牟田・筑後コースで現代に息づく文化遺産に触れよう!

日本一の出炭量を誇り「炭都」と称された大牟田をメインに、三池炭鉱関連の施設が多く残る筑後地方を旅します。閉山当時の状態のまま保存された鋼鉄製やぐらがある三池炭鉱宮原坑や、現在も稼働を続ける日本で唯一の閘門式水門がある三池港など、当時の最先端の技術を体感できるスポットにご案内。昼食は大牟田人のソウルフード、手作り感あふれる巨大お好み焼き「高専ダゴ」をみんなで楽しもう!

②12月6日は北九州・筑豊コースで日本近代化の足跡をたどろう!

日本に近代化をもたらした製鐵所を有する北九州と、その製鐵所を支え炭田として栄えた筑豊をめぐります。かつて宝珠山炭鉱があり、日本の原風景ともいえる景観を残す東峰村を訪れるのも、このツアーの見どころ。大正13年創業の漆喰専門メーカー、田川産業の“純白の工場”は一見の価値あり。昼食をいただく料亭「あをぎり」は、初代田川市長・林田春次郎氏が客人をもてなした迎賓館であり、歴史情緒のある建物となっています。

今回は特別にツアー参加者には

・ブラックエクスプレス二○加(非売品)

・ブラックエクスプレス二○加煎餅(非売品)

そのほか、素敵なプレゼントがあります!

お昼ご飯も付いて、プレゼントももらえるお得なバスツアー!!

みなさま、是非一緒に探検しましょう!!

<詳細>

日程:12月5日(土)or 12月6日(日)※両日参加は不可

時間: 8時30分〜17時半頃(8時25分集合)

集合・解散場所:日本銀行 福岡支店前 日本銀行福岡支店前MAP

参加費:3,000円(昼食・保険付き)

定員数:各35名

申込み締切日;11/26(木)

35名限定のためお申込みはお早めに!

⭐︎お願い⭐︎

・バスが8時30分に出発するため、8時25分までに集合場所にお越しください。

・当日は、動きやすい服装や歩きやすい靴でご参加頂き、各自飲み物をご持参ください。

〜お申し込み方法〜

<<バスツアーのお申込み・お問合せ ★FAXまたはメールで受付>>

<JTBコンベンションサポートセンター>

■FAX:092-751-4098

■mail: info@blackexpress.jp

※お申込みの際は、【お名前、電話番号(携帯)、ご住所、ご希望日※両日参加は不可】をご記入ください。

■旅行実施:株式会社JTB九州 福岡支店(観光庁長官登録旅行業第1700号/日本旅行業協会正会員)

〒810-0072 福岡市中央区長浜1-1-35新KBCビル2階

■企画:福岡県観光推進キャンペーン事務局

<<キャンペーンに関する問い合わせ>>

<福岡県観光推進キャンペーン事務局(グランドビジョン内)>

■電話:092-718-3041 (平日 9:00~18:00/担当:長谷・秋吉・山下)

福岡県_産業革命遺産ツアー_A4チラシ_1113_1

テープ

かっこいい市役所発見!

福岡の産業遺産を探していると重厚でかっこいい建物を発見!
この建物は「大牟田市役所」。
大牟田市役所ができたのは1917年。
当時は大牟田市になる前に使用していた大牟田町の役場をそのまま使っていたが、
1933年に火災にあってしまったことから翌年から着工し、1936年に現在の大牟田市役所本庁舎が完成したという。
1936年から使われているということは、、、
すごい!もう80年近く使われてる!!
うっとりするぐらいかっこよくて一周、まじまじと見てしまいました。
今までいろんな産業遺産を見てきたのですが、建設当時と同じ役目で使用されて続けている所はとても貴重なのです。
そしてさらに中には大牟田市役所が歩んできた歴史を物語るあるものがあります。
それはまた後日、ご紹介します!

IMG_8784

ページ:1...56789101112