メニュー
大牟田・筑後編
知ってるようで、ホントはよく知らない場所。
今まで気づいていなかった魅力に、出会える旅に行こう。
福岡県の南側にある有明海に面した大牟田、そして自然あふれる筑後。
おおらかで優しいヒトたちに触れ、新たな魅力を再発見です。
旅の終わりは足湯でまったり 夕焼けが映える美しい福岡の空を眺める
筑後地方南部の矢部川沿いにある船小屋は温泉郷だと聞いて、旅の帰りがてらに寄ってみることに。船小屋は、昔から療養温泉地として知られているらしい。
船小屋鉱泉源公園の前にはレトロな外観の船小屋鉱泉場があり、含鉄炭酸泉を無料で飲むことも汲んで持ち帰ることもできる。
コップが置いてあるので、飲んでみることに。すごい鉄の味!

『川の駅船小屋 恋ぼたる』は、筑後広域公園の中にある複合施設。
無料で足湯スペースが開放されているのが、嬉しい!マグネシウムとナトリウムを含んだ炭酸水の泉質は、湯冷めしにくく、ぽかぽかが長続きするんだとか。じんわりした温度がちょうど良くって、1日歩いた足を休めるのにぴったり。
雲に沈んでいく、とてもキレイな夕日が見れた。
福岡の空って広いんだなぁと、なんだか感動。
さあ、そろそろ元の姿に戻ろうかな…。

日帰りの旅をのんびりと満喫できて、癒された1日に。
知っているようで知らない街歩きの旅。今度はどこへ行こう。
Spot memo
川の駅船小屋 恋ぼたる
【温泉館】福岡県筑後市大字尾島298-2
0942-52-8866
【物産館】福岡県筑後市大字尾島310
0942-52-8188
『川の駅船小屋 恋ぼたる』は、内湯と露天風呂で天然温泉が楽しめる温泉館、無料開放された足湯、物産館を備えた複合施設。物産館では筑後七国と呼ばれる、筑後市・八女市・みやま市・柳川市・大川市・広川町・大木町の大自然に恵まれた新鮮な野菜・果物、八女茶ブランドなどの加工品といった、地域の特産品が約300品目並び、特に週末には大勢の人で賑わっている。
\ここがステキ/
九州新幹線・筑後船小屋駅から車で約5分の矢部川沿いにある、船小屋温泉。その歴史は古く、文政7 (1824) 年に村の庄屋が村人を集めて鉱泉井戸を掘ったのが始まりとされ、明治29(1896)年に夏目漱石も妻と一緒に船小屋に宿泊している。泉質は鉄を含んだ炭酸泉で、炭酸の含有量は日本有数といわれる。
福岡県商工部観光局観光振興課 TEL:092-643-3429
福岡県商工部観光局観光振興課 TEL:092-643-3429